赤ちゃんと飛行機に乗るときは?

赤ちゃん画像

赤ちゃんと初めて飛行機に乗るときはいろいろな心配事があります。

赤ちゃんの泣き声やオシメ替えなど、本当にたくさんの不安がありますよね?

そこでQ&A式で代表的な質問と答えをまとめてみました!

特に、初めて赤ちゃんと飛行機に乗られる方は参考になると思います。



赤ちゃんは飛行機に乗れるの?

赤ちゃんが生まれてから初めての旅行。国内の名所も見せてあげたいし海外の雰囲気も味合わせてあげたい!でも、赤ちゃんは飛行機に乗せてもいいのかしら?


大丈夫です。赤ちゃんを飛行に乗せることはできます。飛行機には搭乗制限がありますが3才児未満のお子様の場合、同伴者がいることが搭乗条件になります。ですので保護者が一緒にいれば赤ちゃんであっても搭乗できます。

※注意

赤ちゃんは搭乗できますが、妊婦さんの場合は予定日の一ヶ月前からは医師の英字での診断書が必要になる場合があります。

各航空会社によって搭乗制限の内容が違いますので、飛行機を利用される場合は事前に各航空会社に問い合わせるようにしてください。


赤ちゃんの耳抜きは?

飛行機に乗ると気圧の関係で耳がキーンってしちゃうのよね?あれって赤ちゃんもなるのかしら?だとしたら、耳抜きはどうしてあげたらいいの?


子供は大人に比べるととても環境になれるのも早いですよね?あれは子供が精神的にも肉体的にも柔軟だから。つまり、気圧の変化で耳痛くなったとしても大人よりもかなりマシなことが多いんです。とはいっても、赤ちゃんですから我慢はしません。泣いたりぐずったりしちゃいます。

そこで役立つのがアメや飲み物です。気圧の変化は離着陸時におこりますので、この時間に合わせてアメや飲み物を与えてあげましょう。そうすることで耳の痛みもかなりなくなります。

ちなみに、赤ちゃんは鼓膜も柔軟にできているため耳抜きなどの必要はありません。(耳鼻科のお医者様談)


赤ちゃんが中耳炎!?

赤ちゃんが中耳炎なんだけど、飛行機に乗せても大丈夫かしら?


この場合は飛行機に乗るのはやめましょう。飛行機は気圧の変化で耳が痛くなることがあります。中耳炎の状態で飛行機に乗ると痛みが倍増しちゃいますし、中耳炎も悪化してしまいます。耳の奥に疾患がある場合は飛行機に搭乗するのはやめましょうね。これは大人の場合でも同じです。


赤ちゃんが泣いたりうるさくしたりで心配

赤ちゃんが飛行機の中で泣いたときやうるさくしたりして周囲の人に迷惑をかけるかもしれない・・・。何か良い方法はないの?


飛行機の中で泣いたり騒いだりすると周囲の人に迷惑がかかります。

そこで役立つのがおもちゃです。新しいおもちゃやお気に入りのおもちゃを赤ちゃんに与えることで、おもちゃに注意を向けてあげましょう。

また、搭乗時間を赤ちゃんのお昼ねタイムに合わせて予約しておくのも効果的です。

込み合った時間やビジネスマンの多い時間(早い時間や遅い時間)を避けたり、空席の周りに席を予約しておくことも周囲の配慮として必要です。

泣いたりぐずったりしても決して怒ってはダメですよ!周囲の方に配慮するのは親の役目です。




飛行機の搭乗料金

赤ちゃんの搭乗料金は大体いくらくらいなのかしら?


どの航空会社を利用するかで異なってきますが、大体2歳までは無料の場合が多いです。料金がかかったとしても千円ほどで済みます。ただし、親の膝の上で抱っこすることが前提になっていますので、子供用に座席を用意する場合は搭乗料金がかかります。時期などによって変化する場合がありますから、詳細については各航空会社に問い合わせてください。


赤ちゃんの授乳

赤ちゃんを母乳で育ててるんですけど、飛行機の中で授乳する場合はどうしたらいい?


飛行機の中に授乳するスペースを確保している航空会社は少ないですので、できるだけ人が通らない席(トイレの側以外)や、窓際などの席を確保しましょう。


赤ちゃん画像

最初は赤ちゃんと飛行機に乗るのがとても不安だと思います。(慣れてしまえば結構なんとかなるんですけどね。)

ですので、飛行機に乗るときの注意点や用意していくもの・各種サービスの概要などを紹介しますので参考にしてください。



こっちも確認してね睡眠

このページの先頭へ