ビクラムヨガの画像

ビクラムヨガと効果

ビクラムヨガはダイエットの一つとして取り組みやすい運動のひとつです。美肌などのアンチエイジング効果やデトックス効果も高いといわれるビクラムヨガについて解説も交えて紹介します!


ビクラムヨガとは?

ビクラムヨガは室温40度、湿度55%の環境で行うヨガをいいます。ビクラム・チョードリー氏が創作したヨガであることからこう呼ばれるようになりました。

室温を40度に保つことで体の筋繊維の柔軟性を高めることができ、湿度を55%を保つことで発汗時におきやすい肌の表面の乾燥を和らげることができます。

一見ホットヨガに似ていますが、ビクラムヨガで行うポーズは26種類のみです。


鳥

ビクラムヨガはヨガの入門編ともいえるハタヨガをベースにしています。おぼえやすく簡単なポーズばかりですので、初心者の方もとっつきやすいヨガと言えますね。


ただ、ビクラムヨガは簡単なポーズのみだから効果がないということはありません。常温ではなく柔軟性を高めることができる温度で行うヨガですから、簡単なポーズのみとは言え一つ一つのポーズから得られる効果が高いのが特徴です。


ヨガを断念する人の多くは『覚えきれない』『できないポーズが多い』『なかなか柔軟性が上がらない』と言った理由が多いのですが、その点ビクラムヨガなら簡単なポーズのみですから習得は早いです。


ビクラムヨガとその効果

ビクラムヨガにはダイエット効果が見込めます。そのほかにもキレイになるアンチエイジング効果やデトックス効果もあるようです。

その点について、何がこのような効果を発揮するのかを紹介します。

ビクラムヨガは40度の室温で行いますので、体の血流は上がり、しかも脂肪燃焼効果が高くなります。

それに加えてヨガのポーズをとることで運動をしているため、否応にも脂肪燃焼の効果が期待できるのです。

また、ヨガには独特の呼吸法というものが存在しています。もちろんビクラムヨガもこの呼吸法というものを重要視しています。

通常我々が無意識に行っているのが胸式呼吸というもので、胸部の上半分のみを使って呼吸しています。この呼吸法は体にとってエネルギーを消耗しにくい呼吸法なのですが、深い呼吸ではないためリラックス効果などは望めません。

しかし、ビクラムヨガを初めとするヨガで使用される腹式呼吸は、腹部も使って呼吸するため、より多くのエネルギーを使用し新鮮な空気を体一杯に吸収することができます。

この呼吸法を使用することでリラックスすることができ、酸素を多く吸入することにより細胞の酸素交換が促進され、新陳代謝がより活発に行われることにつながるのです。

■美肌効果(アンチエイジング)
■デトックス効果
■リラックス効果
■骨盤矯正
■体質改善

ビクラムヨガで期待できる効果にはダイエット効果意外にも上記のものが挙げられます。

既述のとおりダイエットの効果は高く、週三回一日一時間行うだけで体重が5kg減に成功した方もいらっしゃいます。

特に体全体を使ったひねり運動が多いためか、お腹周り、背中周り、二の腕など、タブついた部分のシェイプアップ効果は非常に高く、これらの部分を引き締めたい・痩せたいという方にはビクラムヨガはピッタリのダイエット方法かもしれません。

ビクラムヨガはホットヨガよりもポーズが少ないですが、スタジオがあまりないのでホットヨガスタジオに通う方も多くいます。高めの室温でヨガを行うという点では同じです。

このページの先頭へ