ビクラムヨガの画像

自宅でできるビクラムヨガとビクラムヨガの注意点

ビクラムヨガを行うときに注意すべき点や、ビクラムヨガを自宅で行う具体的な方法などを紹介します。気軽にできるホビクラムヨガですが、思いがけない事故に繋がることもありますので、紹介する注意点は必ず守るようにしましょう!


自宅でできるビクラムヨガ

自宅の環境をビクラムヨガと同じ環境にできるのでしたら、そこはもうビクラムヨガスタジオと同じです。

室温を40度にすることは難しいかもしれませんが、37度くらいでも十分な効果を得ることができます。

エアコンやヒーター、そして加湿器があればビクラムヨガスタジオと同じ環境を作ることも可能です。

ただし、この環境ですと電子機器には大きな負担がかかりますので、DVDを見ながらポーズをとるということは難しいと思います。高温多湿ですから電子機器はすぐに壊れてしまうからです。

自宅でビクラムヨガをするときは、26種類のポーズを覚えてから、電子機器のない部屋(浴室等)で行うようにしましょう。

最初はビクラムヨガスタジオで何回か通ってから自宅で行うようにすれば良いと思います。

なお、自宅でビクラムヨガの環境を作るときは、必ず水分補給に気を付けてください。またガスヒーターなど火を使用して部屋を暖める器具を使用すると、一酸化炭素中毒の危険も高まりますので、その点も十分に注意するようにしましょう。

夏場なら外気が高いので、エアコンを使用すれば37度くらいの環境は作れますが、冬場はエアコンのみでは難しいかもしれません。電気代のことも考えると、冬場は素直にビクラムヨガスタジオに行かれたほうが安く上がるかもしれませんね。

ポイント

チェックマーク電子機器を置かないこと

チェックマーク火を使うヒーターは使用しないこと

チェックマーク水分補給を忘れないこと

チェックマーク体調の変化に気をつけること


特に換気不足による一酸化炭素中毒には気をつけてください。ビクラムヨガは通常よりも高い温度で行う運動ですので、頭がボーっとしやすく、危機回避の判断力が鈍るかもしれません。

無理をせず、体調が少しでも悪いと感じたら即中止するようにしましょう。なお、ビクラムヨガスタジオで運動を行う場合も、体調が悪くなったら休んだりスタジオの外で休憩したりするようにしましょう。


ビクラムヨガの注意点

ビクラムヨガは高温多湿で行うヨガですので、体調の変化には十分注意する必要があります。また、汗も半端なくかきますので、こまめに水分を補給するようにしましょう。

ちなみに『喉が渇いたな』と思ったころには、すでに体の水分量はかなり減っていると言われています。『喉が渇いたな』と感じる前に少しずつでも水分を補給するようにしましょう。

水分補給を怠ると、肌は乾燥します。血液もドロドロになるため、運動効果も極端に落ちることになります。かならず十分な水分補給を行いながらビクラムヨガを行ってください。

それと、ビクラムヨガは腹式呼吸を多用します。腹式呼吸は体の中に十分な酸素を送り込む重要な呼吸法です。浅い呼吸である胸式呼吸では、高温多湿の環境下で運動を行うために十分に必要な酸素量を吸入できないことにもつながりますので、ビクラムヨガで使われている呼吸法を守るようにしましょう。

自宅でビクラムヨガを行う場合(特に火を使う器具を使用する場合)は、一酸化炭素中毒にならないよう、必ず室内の酸素濃度に気をつけましょう。

また、日頃運動をしていない人がビクラムヨガを行うと、急激な体温上昇に体がついていかず軽い熱中症の症状がでることがあります。

ビクラムヨガをしている最中や、その後に頭痛がしたりする場合は、しばらくビクラムヨガを中断しましょう。

まずは『汗をかく』『体温を上昇させる』ことがスムーズに行える体質に徐々に変化させることが先決ですので、日々簡単な運動や湯船に浸かる入浴をしばらく行いましょう。

こうすることで、体が正しい発汗の方法を覚え、正しい体温上昇の対応の仕方を覚えていきます。

本来ならこれらは体が自然と行う反応なのですが、エアコンの普及などの原因により温度変化への対応能力がおどろくほど衰え、移動手段の変革などの原因により運動機能が信じられないほど衰えているのが現代人の現実の姿です。

まずは基礎の前の基礎をしっかりと固めた後でビクラムヨガに挑戦するようにしましょう!

ポイント

チェックマーク水分補給に気をつけること

チェックマーク呼吸法に気をつけること

チェックマーク室内の酸素濃度に気をつけること

チェックマーク無理をしないこと


ビクラムヨガをするときは以上の点に十分気をつけましょう!

ビクラムヨガはホットヨガよりもポーズが少ないですが、スタジオがあまりないのでホットヨガスタジオに通う方も多くいます。高めの室温でヨガを行うという点では同じです。

このページの先頭へ