イメージ画像

原付とは?

「原付免許を取りたい!でもどうやって取るの??」と思ってらっしゃる方へ

まずは原付とは一体何なのでしょう。よくスクーターを見て『原付』と仰る方がいますが、これは半分正解で半分は間違いです。

そもそも原付というのは原動付き自転車と言って、総排気量125cc以下のバイクをすべて指す言葉なんです。でも原付免許で乗れるバイクは総排気量50ccまでのバイクです。

つまり、50cc以上で125cc以下のバイクに乗りたいと考えるなら、原付免許ではなく普通自動二輪の免許が必要となります。

よく街中でスクーターなのに二人乗りしているバイクを見ることがありますが、あれはナンバープレートがピンク色になっていると思います。

それは50cc以上125cc以下のスクーターである証で、運転している人は普通自動二輪の免許を取得していなければ乗れません。

原付免許を取るときは一日で取得することができますが、普通自動二輪の免許を取るときは通常は教習を受ける必要があります。

スクーターは非常に楽な乗り物です。自賠責保険や任意保険に加入しても維持費は安いですし、一度おぼえれば機械が苦手な方でもメンテナンスも案外簡単にできます。

それにスクーター自体が安価で求めることができますので、車や大型バイクなどに比べるとかなり身近なものです。

また、スクーターは小回りがきき、押して歩くことも容易ですので扱いが非常に楽です。

是非一発で試験に合格して原付ライフを堪能してください!

原付免許受験資格

原付免許の受験適正資格は以下の通りです。

■16歳以上

■色の判断(赤・青・黄の区別が付くこと)

■身体機能障害がない

■視力が両目で0.5以上(矯正器具使用可)

■左右どちらかの目が見えない場合は、残りの視野角が150度以上ある(矯正器具使用可)

■90ホンの音が10メートル離れていても聞き取れる

適性検査は試験当日に行われます。普通に生活を送ってらっしゃる方はまず間違いなく適性検査は合格します。

身体障害をお持ちの方でも試験を受けることができる場合があります。基準については細かく決められているため、最寄の運転免許試験会場の相談窓口でご相談下さい。

※注意

免許証停止処分中や免許証取消中の方は原付免許の受験を受けることはできません。

その他、これまでに免許証の取得を拒否された方や免許証取消のまま放っておいた方などは、原付免許試験を受ける前に免許証取消処分者講習を受ける必要があります。

該当する方は早めに最寄の運転免許試験会場にご相談下さい。

最寄の運転免許試験会場は、原則ご自身が住民登録をしている都道府県となります。実家と離れて暮らしているけれど実家で住民登録をしているという学生の方などは特にご注意ください。

こういった場合は、現在住んでいる都道府県の運転免許試験会場に相談すれば、別の手続きをすることで最寄の会場で試験を受けることができる場合があります。

原付免許試験を受けるための必要書類等

試験会場に持っていくものを列記します。

■原付免許受験費用

試験受験料 1,700円

交付手数料 2.000円

原付講習料 4,200円

合計7,900円

※各都道府県によって諸費用の金額は異なります。必ず問い合わせるようにしてください。

発行より6ヶ月以内の住民票の写しなど、公的に発行された書類で住所・本籍・名前など身分を証明できるもの。

すでに他の運転免許の交付を受けている方は、その免許証でもOKです。

■印鑑(認め印可)

■申請用の写真(申請用の写真。免許証に貼られる写真は試験合格後に試験会場で撮影されます)

タテ3.0cm×ヨコ2.4cm ・6か月以内に撮影

無帽,正面,上三分身,無背景

■鉛筆・消しゴム・シャープペンシル・ボールペンなどの筆記用具

■必要な人はメガネ・コンタクトレンズ・補聴器などの矯正器具


以下は試験会場にありますので、取り寄せる必要などはありません。

■免許申請書

■受験票

これらの二つは運転免許試験会場で記入することになります。


このページの先頭へ