イメージ画像

原付免許の取り方教えます!(試験会場編)

原付免許証を取得するには当然ですが試験を受ける必要があります。

原付免許の試験を合格することで初めて免許証を手に入れることができるのです。

ここでは原付免許を取るまでの試験会場での流れを説明します。

どこの試験会場も同じようなものですが、やり方が若干前後することもありますので、わからないことがあったらそのままにしないで、必ず窓口で確認するようにしましょう。

それでは、原付免許取得に向けてスタート!

■受付で試験申し込みをする

・受付で試験申請書の用紙をもらい、必要事項を記入して持参してきた写真を添付します。

・購入した印紙(最初は試験受験料1600円分)を試験申請書の所定の位置に貼り、窓口に提出します。(印紙の購入は、窓口か窓口近くの印紙購入自動販売機で購入します)

↓ ↓ ↓

■適性検査を受ける

・視力検査を受け、適正結果に問題がないようなら適正合格のハンコがもらえます。矯正器具(メガネやコンタクト)の使用の有無については、担当官から質問がありますので、しっかりと答えましょう。

・持参してきた住民票と窓口で記入した申請書を渡すと、試験受験票がもらえるので指定の学科試験教室へ向かいましょう。

↓ ↓ ↓

■学科試験を受ける

・試験時間は30分間です。

文章問題・・・・・46問(各一点)

イラスト問題・・・2問(各二点) 計50点

注)イラスト問題は1つのイラストにつき3問出題されます。

  その3問すべてに正解した場合のみ二点配点されます

9割以上(45点以上)獲得で合格です。

わからない問題が出たとしても、あきらめずに何か書きましょう!

空白は絶対にダメですよ!!

↓ ↓ ↓

■適正検査・学科試験共に合格(おめでとう♪♪)

・購入した印紙(今度は交付手数料1800円分)を試験申請書の所定の位置に貼り、窓口に提出します。免許証交付許可のハンコを貰ったら写真撮影をします。(免許証に載る写真です。ものすごくイケてる表情で撮りましょう!よっぽどでない限り撮りなおしはしてもらえませんので注意してくださいね)

↓ ↓ ↓

■原付講習会場に向かいましょう

・撮影が終わったら講習があります。購入した印紙(最後は原付講習料4200円分)を講習申し込み用紙の所定の位置に貼り、必要事項を記入して窓口に提出します。

・2、3時間の実技講習を受けたあと、ビデオ講習を受けます。

↓ ↓ ↓

■免許証交付(やったね♪)

・講習が終わった頃に免許証が出来上がってます。名前を呼ばれたら免許証を受け取ってください。

お疲れ様でした!

大体朝の9時から始まって夕方の4時頃終わります。一日がかりなので、試験を受ける日は予定を空けておきましょう。



このページの先頭へ