頬のこけ解消の下準備

頬がこける原因をみると様々です。

ですので、解決策もそれに適応した方法であることが必要です。

原因を元から絶つようにしなければ、マッサージをしても効果はありません。

特に脂肪注入に関しては、原因がわかっていないのに施術してしまうととても危険です。

顔の形が崩れることがほとんどですからね!

それでは解消方法を原因別に見ていきましょう。



■遺伝により頬がこけている

遺伝により頬がこけている場合は解消方法としてはマッサージなどしかありません。遺伝が原因なのですから元から絶つことはできませんからね^^;

でも、実を言うと遺伝で頬がヒドくこけているという人はあまりいないんです。贅肉が付きにくい体質であることにはちがいありませんが、こういった人でも表情豊かな人は頬がこけていません。

つまり、「貧相に見えるほど頬がこけている」という人は、遺伝だけでなく他の原因も合わさっていることがほとんどだと言えます。下のケースも是非参考にしてみて下さい。

■健康不良により頬がこけている

健康不良やストレスで頬がこけている人の共通点は、無表情・口数が少ない・笑ってもおしとやかに笑う・大きな口をあけて喋らないなどです。

これらの状況って、ほとんど頬の筋肉を使っていないのがわかりますか?試しにこれらの状況を再現してみてください。ほとんと頬の筋肉を使ってませんから。

つまり、健康不良やストレスで頬がこけた人の場合、まずはその原因を取り除くことが一番大切です。そのあとにマッサージなどで解消するようにしましょう。

■虫歯・抜歯や骨格矯正により頬がこけている

虫歯のため『噛み合わせ』がおかしくなり頬がこけている場合は、まず歯の治療が必要です。骨格矯正の場合はまず骨格を治すことが先決です。

虫歯・抜歯・骨格矯正を正しくもとの状態に戻すことで『噛み合わせ』が良くなります。ただし注意点が一つあります。『噛み合わせ』が良くなったとしても、自分で意識して左右の歯で食べ物を噛むように意識しなければ表情筋が鍛えられることはありませんからね!

「左側で20回噛んだから、今度は右側で20回噛もう。」などと、キッチリ心の中で意識しながら食べ物を食べるようにしてください。こうすることで自然と両側の歯で噛むことができるようになり、頬のこけも解消されるようになります。


頬のこけ解消法トレーニング

頬のこけの原因を把握し、解消法の下準備ができればいよいよ頬のこけ解消法の実践です。

さあ、皆さん!

整形美容外科にレッツゴー!!

・・・

ウソです^^;

このサイトではお金のかからない頬コケ解消法を載せていますので安心してください^^

■頬コケ解消法その1

頬の表情筋を鍛える運動

1・口を心持大きくあける
2・下顎を突き出す
3・両唇の口角を少し上げる(口だけで笑う感じです)
4・上の唇を上の歯にピタッとくっつけ、下の唇を下の歯に巻きつける(半円の形になります)
5・口角をさらに上げる(口角の筋肉が使われているのを意識してください)
6・口角の筋肉から頬の筋肉に力が伝わるイメージを描く
(このとき頬の筋肉が使われているのが実感できますが、それが膨らむようなイメージを持つことが大切です)

これが頬のこけ解消の運動になります。1~6まですべて手を使わずにできます。5を行うときに手で口角を持ち上げても良いですが、思い切り持ち上げる必要はありませんからね^^;

一日30秒×2回でOKです。

■頬コケ解消法その2

頬に連動する表情筋を鍛える運動

1・左右のこめかみに手を添えて少し上げる
2・目線は少し斜め下に向ける
3・大きな口をあけて「あ」と言いながら目線を正面に向け上瞼を持ち上げる
4・口を左右に伸ばし「い」と言いながら目線を下に向け上瞼の力を抜く
5・口を思い切りすぼめ「う」と言いながら目線を正面に向け上瞼を持ち上げる
6・口角を意識して大きな形で「え」と言いながら目線を下に向け上瞼の力を抜く
7・口を大きく突き出し「お」と言いながら目線を正面に向け上瞼を持ち上げる
※これを3回繰り返します。

この運動は、大げさに「あ」「い」「う」「え」「お」と言いながら顔の下半分の表情筋を鍛え、これと同時に上瞼の筋肉を使うことで瞼の表情筋を鍛えている運動です。

様々な表情筋を連動して使うことで、顔全体の表情筋の連動性を高め、頬の筋肉の運動効果を高める働きがあります。

頬のこけを治す運動はこれだけですが、これらの方法はあくまでも二次的なものです。

遺伝で頬がこけていると確信がある方の場合は、これらの頬コケ解消法から始めてもらっても構いません。


しかし、ストレスや虫歯などが原因で頬がこけた場合は、その原因を除いてやらなければいくらこの運動をしても頬のこけが解消することはありません。

結局は元に戻ってしまう(頬がこけてしまう)ことになります。

まずは頬がこけた原因を取り除いてあげましょう。

その後、衰えた筋肉を鍛えるのです。衰えた筋肉は何もしなければ元には戻りませんので、この頬コケ解消運動をして表情筋(特に頬の筋肉)を鍛えるのです。

■頬コケ解消トレーニングと併用することで、表情筋を強化できるグッズ
BB-SPORTS BODYMAKER フェイスコントロールDX フリーサイズ

楽天市場で検索する⇒コチラをクリック(楽天市場の検索結果へ)


■頬コケ解消トレーニングと併用することで、噛み合わせを矯正できるグッズ
メディカルパタカラ Lサイズ(大人用) リップトレーナー 使用方法のDVD付き!

楽天市場で検索する⇒コチラをクリック(楽天市場の検索結果へ)


このページの先頭へ