ホットヨガの画像

ホットヨガと効果

ちまたで大人気のホットヨガ。普通のヨガとホットヨガとの相違点やその効果を紹介します。ダイエットだけでなく健康促進やアンチエイジングのためにホットヨガをやるという人も増えています。

ホットヨガとは?

ホットヨガとは、体にとって一番柔軟がされやすい室温で行うヨガを言い、発汗と汗の蒸発が一番適切に行われる環境で行うヨガを言います。

具体的な室温は約39度前後で、湿度は55%~65%の間です。

鳥

約39度前後の室温でヨガを行うことで筋繊維を無理なく伸ばすことができ、ヨガ中に筋肉を傷める可能性を減らすことができます。

実は、人間が快適と感じる温度は20度~27度と言われていますが、筋肉の柔軟性が一番高まる温度は約39度前後なのです。ホットヨガは、筋繊維を十分に伸ばすことができるので、体の柔軟性も上がりますし、ヨガ中の事故(筋肉を傷めたりすること)も少ないと言われています。

また、ヨガをすると大量の汗をかきますが、湿度が低いと汗がすぐに蒸発してしまい肌が乾燥してしまいます。

逆に湿度が高いと汗が蒸発されにくくなるため、体がベタベタし不快を伴うことになります。

一番良い温度と一番良い湿度を保つことで、ヨガの効果を最大限に引き出すことができ、快適にヨガを行うことができる。これがホットヨガなのです。


ホットヨガとその効果

ホットヨガで期待できる効果は様々ですが、代表的なものに『冷え性改善』『デトックス効果』『呼吸法による痩身』の効果が期待できます。

冷え性改善

ホットヨガは通常のヨガよりも室温が高い環境で行います。体温が上昇しやすい環境で行うため、体の中から体温上昇がなされます。

現代の人々の生活環境は、暖房器具やエアコンなどの便利な電化製品のため、人間が快適と感じる環境で生活することができます。また、車やバイク、エレベーターやエスカレーターなどの移動手段の発達のため、体を動かすことによる体温上昇の機会が急激に減少しています。

人間には適応性というものがあり、外界からの刺激が少ない環境で生活をすると、体質も外界からの刺激に耐え難い体質に変化していきます。

冷え性もそのうちの一つで、事実現代の人々は、気温の変化が少ない環境で生活することによる低体温体質の人がかなり多く存在します。

ホットヨガをすることで体温上昇による冷え性改善を期待することができます。

なお、冷え性は、睡眠不足や倦怠感、食欲不振や免疫力の低下、肥満や老化促進など、様々な悪影響があると言われています。

デトックス効果

ホットヨガは室温が高い環境で行うため、大量発汗によるデトックス効果も期待できます。

汗は体温調節や老廃物の排出という効果があります。特にホットヨガでは大量の汗をかくため、体の中に溜まっている老廃物を排出しやすい運動だといえます。

老廃物とは、毛穴に詰まった古い角質や雑菌、皮脂の固まりなどももちろんですが、多く摂りすぎた塩分やカリウムなどの過剰ミネラルなどの排出などを指します。

ミネラルの中には多く摂り過ぎても問題ないといわれているものもありますが、過剰に摂りすぎたミネラルは排尿や発汗などで自然と体外に排出されるから問題ないと言われているのです。

つまり裏を返せば、排尿や発汗などの機会が極端に少ない環境で生活しているのであるのなら、過剰摂取が問題ないとされているミネラルであっても体外に排出されないため問題が発生するということもあるということです。

ホットヨガをすることで大量発汗によるデトックス効果を期待することができます。

呼吸法による痩身

ホットヨガ呼吸法というものも重要視します。呼吸法には大きく分けて腹式呼吸と胸式呼吸があり、深い呼吸法といわれているのが腹式呼吸で、浅い呼吸法といわれているのが胸式呼吸です。

ホットヨガではこの呼吸法というものをポーズによって使い分けています。呼吸法を使い分けることによって新陳代謝をより促進させることができ、ダイエット効果もあるといわれています。

呼吸は精神状態と非常に密接な関係があります。興奮したりすると自然に浅い呼吸になりますし、リラックスしていると自然に深い呼吸になります。逆に言えば深い呼吸をすることでリラックスした精神状態にすることができます。

また腹式呼吸は上半身の腹部も使用した呼吸法ですので、腹部周辺の内臓にもよい刺激を与え、稼動筋肉が大きいためカロリー消費にもつながります。さらに腹式呼吸を自然と行うことができれば、腹筋強化や運動量増加による基礎代謝の向上も期待できます。

ちなみにホットヨガを含むすべてのヨガは腹式呼吸だといわれる方がいらっしゃいますが、ポーズによっては腹式呼吸よりも胸式呼吸の方がポーズをとりやすいというものもありますので、ホットヨガ=腹式呼吸というのは誤りです。



このページの先頭へ