陰毛の白髪対策について

メラノサイトを活性化させることができれば、陰毛の白髪を抑えることができます。

つまり、色素細胞を活性化せることができれば、色素は薄くなることはありませんので陰毛に白髪が生えることを防ぐことができるというわけです。

ですが、残念ながらその方法は確立されていません。

陰毛に限らず体毛の白髪化はメラノサイトが関係していることはわかっていますが、じゃあその色素細胞を活性化させる具体的な方法と根拠は?といわれると、実は解明されていないのです。

ですので、ここは色素細胞の活性化に効果があると口コミで広まっている方法を紹介します。

ただ口コミといっても、まじない的なものではなくある程度の理由と根拠があり、その効果が予想できるものを紹介していますのでご安心下さい。


食べ物

まずは陰毛の白髪対策になる食べ物についてです。人間の細胞は食べ物からできています。

栄養バランスの摂れた食事をすることで細胞の生成も滞りなく正常に行われます。これにプラスして色素細胞に効果のある栄養素を少し多めに摂ることで陰毛の白髪対策をしましょう。

亜鉛

(牡蠣・レバー・牛肉・チーズ・納豆・ごま)

色素や毛髪の生成に必要なエネルギーです

(牡蠣・アーモンド・エビ・納豆)

毛乳頭の働きを良くする

ビタミンA

(レバー・ニンジン・かぼちゃ)

血行をより良い状態にします

ヨウ素

(わかめ・もずく等の海藻類)

色素細胞を活性化させます

ビタミンB

(豚肉・納豆・たまご・バナナ)

新陳代謝を活発化させる

ビタミンC

(フルーツ全般)

細胞生成に役立つ

そのほかにもいろいろな食べ物が挙げられます。

注目していただきたいのが、それぞれの栄養素の働きです。ビタミンA、B、Cは体内の栄養循環や細胞生成に関わってくる栄養素。つまり、栄養を隅々まで効率的に働かせる役割を担っているのです。

これが陰毛のみならず体毛全般の白髪対策になるということです。逆に言えばタバコや過度の飲酒など体内の細胞組織生成を阻害するものや行為は白髪を増やす要因になっているということです。

また、ヨウ素や銅や亜鉛はミネラルといわれるもので、これは必要以上に摂ると返って体の調子を崩してしまうものもあります。

結論として言えば、陰毛の白髪に効果のある食べ物はあるが、それを意識しすぎるあまり栄養バランスを保てていない食事をすると、体の体調を崩し白髪対策とは逆効果になることがあるということです。

まずは偏食や間食をしていないかチェックし、その上で栄養バランスの良い食事を摂ることを心がけ、ごまや海藻類を意識して摂取するというのが正しい陰毛の白髪対策と言えます。

ですが、そうこういわれてもなかなか白髪対策専用の食事には変えにくいもの。そこで利用したいのが白髪専用サプリメントです。

医者が選ぶ【白髪対策サプリメント】

個人差はありますが、白髪対策に良いとされている成分を含んだサプリメントは、陰毛の白髪に悩む人にとっては効果的な対策方法の一つになるかもしれませんね。


白髪染めを使用する

生えてしまった陰毛の白髪の対策として切ったりするのはいいのですが、陰毛の白髪が増えすぎるとなかなかすべてを切るというのは難しいもの。

こういったときに簡単に使えるのが白髪染めです。

ただし、陰毛の白髪染めを行うさいに注意していただきたいのが肌のケアです。

陰毛は局部に近い場所にある体毛ですので、強い刺激のある白髪染めを使うのは避け、あまり刺激のない肌に優しい白髪染めを使うべきです。

ヘナの白髪染めは刺激が少ないタイプですが、もっと刺激の少ないタイプのものも発売されているようです。

それがこの白髪染め⇒利尻ヘアカラートリートメント

それに、陰毛は独特の光沢と濃い色ですので染まりにくいのが難点ですが、この白髪染めが陰毛の白髪染めには向いていると思います。匂いも少ないし肌に優しいし(天然成分配合)、よく染まるし色落ちが少ないというのがとても気に入っています。

市販の白髪染めは液が肌に触れるとかぶれる恐れがあります。特に陰毛の白髪染めはデリケートな場所で行いますので、市販の白髪染めを使用される方は局部に保護クリームを塗り、肌をガードするようにしてください。

また、陰毛の方が頭髪よりも太いですので、白髪染めをするときは染める時間を長めにとり、陰毛を束にしてラップなどで保温することでより染まりやすくなります。(肌の弱い方はご注意下さい。)

最後に・・・。 陰毛の白髪はとても気にされる方が多いですが、白髪というのは年齢を重ねれば増えていくものです。陰毛に白髪があることで最初は驚くかもしれませんが、慣れればなんてことはないと思えるようになります。

また、パートナーとの行為も薄暗がりで行えば意外とわからないものです。

それに陰毛の白髪についてあなたが気にしているだけで、パートナーは全然気にしていなかったということも往々にしてあります。

気にしすぎるとストレスも溜まりますので、あまり気にしないようにしましょう!



このページの先頭へ