角質層ができるわけ

角質除去という言葉を聞くと、角質層がすべて悪い印象を持ってしまいますが、角質層は外からの有害な刺激を体内に伝えないようにする働きがあります。

もし皮膚に角質層がないと、紫外線が直接体内に入り込んでしまいますので、人類は健康体ではいられないことだと思います。

角質は表皮の基底層でその基が作られます。そして有棘層から顆粒層へと移る段階で、徐々にケラチンという強くて堅い成分に変成しながら体の表面に押しあがっていき、最終的に角質層として形成されるのです。

この生成過程をターンオーバーといい、平均約28日かけて行われます。(ターンオーバーは通常、加齢と共にその周期が長くなります)

また、角質層へと変化した細胞は死んだ細胞で、角質層となってからしばらく後に体から垢として剥がれ落ちます。

角質層ができるのは、体を外からの強い刺激から守るためで、ターンオーバーは人間が生きている限り絶えず行われています。

つまり角質は、人間の体を守るために絶えず作られ続けているというわけです。

お風呂

角質が悪影響を及ぼすわけ

角質は古くなると垢として剥がれ落ちます。

これは新陳代謝により行われるものですが、加齢により新陳代謝の効率が落ちたり、体を洗わなかったりすると角質が剥がれ落ちません。

本来なら体から剥がれ落ちるはずの角質が、毛穴などに詰まり毛穴の出口を塞いだりします。このような毛穴の出口を塞いでいる角質を特に角栓といい、黒ずんで見えることがあります。

また、古い角質に汚れや皮脂が吸着することによって、皮膚がくすんで見えたりガサガサに見えたりします。

さらに、古い角質を肌にくっつけたままにしておくと、その角質に汚れがたまったり細菌が発生したりして、悪臭や炎症の原因にもなります。

足の裏の角質などは、固まって大きくなってしまうとその角質がパチンコ玉のようになり、常に素足でパチンコ玉を踏んづけているような状態になり、痛みが生じることにも繋がります。

古い角質をそのままにしておくと、美容に良いだけでなく健康にも悪影響をもたらすことにもなります。

しかし、逆に角質がなくなると体に良くない影響が現れます。

紫外線

栄養不足で角質が十分に生成されないと、角質という体を覆うバリアがなくなることになり、紫外線などの影響を強く受けてしまいます。

特に大人になると、タバコや喫煙、ストレスや生活習慣の乱れなどにより血行が悪くなりがちになります。

そうなると表皮の層である基底層で角質の生成に乱れや異常があらわれることがあります。

『過ぎたるは及ばざるが如し』

古い角質は取り除き、必要な角質は残しておくという方法が美容にも健康にも一番良いというわけですね!


このページの先頭へ