角質とは

角質とは皮膚の表面にできるタンパク質でできた表皮の上層部分をいいます。ただし、すでに死んだ細胞ですので、角質を除去しても痛くはありません。

角質除去という言葉は、美肌やみずみずしい肌を求める場合によく耳にする言葉です。

しかし、あまり角質についてご存知ない方も多くいらっしゃいますので、少し角質について触れてみたいと思います。

何も知らずに『角質を取り除きさえすればいい!』という行動を取っていると、肌トラブルにつながり、かえって汚い肌になってしまうということも危険性もあります。

角質の正しい知識を持った上で角質を除去し、美しい肌を手に入れましょう!

皮膚の構造

皮膚は表面から順に、表皮・真皮・皮下組織という呼ばれています。例えばわき腹をつまんでみてください。

指でつまむことができた部分は皮膚であり、表皮・真皮・皮下組織です。

皮下組織のことを皮下脂肪という名前で呼ぶこともあります。皮下組織は皮膚というイメージは持ちにくいですが、真皮のすぐ下にある部分ですので皮膚細胞の生成に密接な関係があるため、ここでは皮膚の一部と考えましょう。

さて、角質をとりすぎてヒリヒリしたり痛くなったりしたという話を聞きますが、それは誤った角質除去の方法を実行したからです。

表皮だけでなく真皮まで傷つけてしまったことが原因です。

つまり、角質をとるという行為が皮膚の外側だけでなく、皮膚の内部まで及んだために痛みが伴ったということです。

角質除去や角質ケアに関わる皮膚部分は表皮のみです。

皮膚構造

この表皮にもいくつかの階層があり、外側から順番に角質層・顆粒層・有棘層・基底層に分かれています。

角質層は外界と直接接している部分でもあります。

角質層は私達の目で直に見える皮膚の部分であるため、くすみや皺などの原因として角質が注目されていますが、皮膚組織の一番外側に位置していることからとても重要な役割も持っています。


このページの先頭へ