妊婦糖尿病とは?

妊婦糖尿病とは、妊娠中に起こる糖尿病疾患のことで妊娠前にすでに糖尿病になっている方とは区別されます。妊婦糖尿病になる原因は、妊婦の体が子供を出産するための準備をするため体質が変化するために起こるのです。

妊娠して子供を授かるというのは非常に喜ばしいことです。それも愛する男性と新しい生命を育み家庭を築いていけるというのは格別の喜びです。

ですが、出産というのは生物学的に考えると、母体にとって非常に負担のかかる行為であり、かつ、世の中を生き抜いていける新しい個体を世に送り出す行為に他なりません。

丈夫な固体を世に送る出すために、妊婦の体はよりパーフェクトな状況になろうとします。このパーフェクトな状態になろうとする体の体質変化が過剰になりすぎたために起こる病気の一つが妊婦糖尿病なのです。


妊婦糖尿病と胎盤の関係

妊婦糖尿病は、胎盤から出されるあるホルモンが異常分泌されるためにおこります。そのホルモンとはインスリンを分解する蛋白分解ホルモンで、インスリン抵抗性ホルモンと呼ばれています。

早い話、インスリンの血糖値抑制機能を失わせるホルモンです。妊婦糖尿病はこうして発症するのです。

なぜ胎盤からインスリン抵抗性ホルモンが分泌されるかというと、胎児の成長を促すためです。もし仮に妊娠しているにも関わらず母体のインスリンの働きが妊娠前と同じだったらどうでしょう?ブドウ糖という非常に重要なエネルギーが母体のみで消費され、胎児に供給されなくなってしまいます。

こういった危険を回避するために、胎盤は母体のインスリンの働きを鈍らせて通常よりもエネルギーを摂取するように母体の体に働きかけ、胎児にもエネルギーが供給されるようにするのです。

こういった働きが強くなると、必要以上に妊婦のインスリンを分解してしまうようになります。これが妊婦糖尿病の原因です。


妊婦糖尿病の対策と合併症

妊婦糖尿病の対策は対症療法しかありません。つまり注射によるインスリン投与です。インスリン促成薬を経口摂取すると、胎児に悪影響を及ぼしますので通常は注射による摂取になります。

妊婦糖尿病は、昔は合併症を起こす可能性のある恐ろしい病気でしたが、現在ではインスリン注射や検査による早期発見ができるため、産婦人科の医者の指示に従えばそれほど恐ろしい病気ではなくなってきました。出産を終えれば胎盤も排出されますので、出産後も妊婦糖尿病が続くこともありませんし体内のホルモン異常も大抵は回復しますから。

ただし、妊娠中は食事療法やインシュリンの注射など細かい状況把握などが必要になってきますので、妊婦糖尿病になった人は医者の指示を必ず聞くようにしましょう。

妊婦糖尿病のため食欲があるから甘いものを食べまくると、胎児が肥大化したり、胎児の発育異常が起こったりします。妊婦糖尿病自体はインシュリン注射や食事制限で克服できるものですが、沸き起こる食欲は母親が抑制しなければなりません。

キチンと処理すれば妊婦糖尿病は怖くありませんが、食欲に支配されてしまうと妊婦糖尿病は非常に恐ろしい結果を残してしまうことになります。

妊婦糖尿病になっても、胎児のためと思い出産まで頑張って乗り切ってください。

つまり、甘いものは食べない
食事量は医師の言いつけを守る

などなど

いくら長くても一年はかからない話ですからね!

それに妊娠中に栄養過多になってしまうと、出産後の子供が肥満体質になるというデータもあります。母体と子供の健康のため、暴飲暴食はやめましょう。


このページの先頭へ