卒園式の服

卒園式は子供がこれまでお友達と学んできた保育園や幼稚園を旅立ち、新たな未来へと巣立っていく式典です。

大切なお友達に『ありがとう』とご挨拶をする卒園式。

大好きな先生に『ありがとう』とご挨拶をする卒園式。

今までの学び場に『ありがとう』とご挨拶をする卒園式。

でも、『いままでありがとうございました』のお礼をするための卒園式に、パパやママが場違いな服で出席したら大事な卒園式が台無しになっちゃいますし、お子さんの大切な思い出に傷をつけることにもなっちゃいます。

逆に、パパやママがカッコいい服や綺麗な服で卒園式に出席してあげると、お子さんも周りのみんなに自慢できるし最高の卒園式の思い出を残すことができて大喜びすることでしょう。

でも、場違いな格好ではなくそれでいて綺麗な服っていうのはどういうものなんでしょう?いくつかの例を紹介しますね。

くれぐれも「適当でいいや!」などという思いで卒園式に着ていく服をチョイスしないでください。

卒園式に着ていく服

パパやママが卒園式に着ていく服は派手ではない方がいいです。

卒園式は旅立ちの式典。では旅立つのは誰ですか?そう!それはお子さんです。

主役はお子さんで、パパやママはその晴れの舞台を見に行くのです。

パパがタキシードでママがフリルの付いたドレスなんか着ていたら、一番目立ってしまいますし「主役は誰??」ってことになっちゃいますよね~。

パパの服は紺かグレーのスーツ(ビジネススーツでOK!)で無難なネクタイ、ママの服は紺かグレーのアンサンブルスーツにネックレス+コサージュというのが無難です。

でもこれは無難なだけであって、カッコいい服や綺麗な服ではありません。(誤解の無いように言っておきますが、この格好が変というわけではありませんよ!あくまで卒園式用のお洒落を追求する上でという意味です。)

ワンランク上

パパのスーツは無地ではなくペンシルストライプやチョークストライプの入ったスーツにし、流行しているスーツのシルエットをチョイスする。

ネクタイはスーツに合わせたもので落ち着いた色合いのものにする。

ママのスーツは紺やグレーのアンサンブルスーツではなく、淡い落ち着いたホワイトなどのスーツをチョイスする。これだと入学式のときも着まわすことができます。


ツーランク上

パパのスーツはフォーマルスーツにし、黒ではない落ち着いた色のネクタイとポケットチーフをチョイス。

ママはアンサンブルスーツの色に合わせたスカーフなどを付ける。ただし、コサージュやネックレスよりも目立つスカーフはチョイスしない。

卒園式でのお洒落

入学式とは違い厳かな雰囲気を持つのが卒園式です。

その中でお洒落をするというのですから、厳かな雰囲気を壊さないためにも赤やオレンジなどの暖色系の色を使うのは止めましょう。

厳かで、かつお祝いのような雰囲気を持つ式典でのお洒落のポイントは(結婚式や卒園式)、スラッと高貴な雰囲気でキメるか、上品に暖かい雰囲気でキメるかのどちらかです。

ですが、こういったお洒落の仕方は、服を着こなす自信がないとかなりおかしく見えてしまうことがあります。

それにお受験した幼稚園などの卒園式ならともかく、一般的な幼稚園の卒園式の場合でしたら無難な服で問題はありませんし、ワンランク上の服で十分なお洒落が出ていると思います。逆にツーランク上までのお洒落を決めてしまうと、『浮いてしまう』ということもあります^^;

ただ、ママの場合はアンサンブルスーツくらいは持っていたほうがいいかと思います。

入学式にも着れますし、今後もいろいろな式典で着ることができますからね^^

もし今後それほど使う予定はないと思われるのでしたら、レンタルでスーツを借りるというのもありです。

ワンポイントですが、卒園式に小さなお子さんをお連れになる場合でしたら、スカートよりもパンツのアンサンブルスーツの方が便利です。

やはりスカートですと立ったり座ったりが大変なものです。小さなお子さんを連れているママはパンツの人が多いです。

このページの先頭へ