低カロリーダイエットの黄金率

低カロリーダイエットの極意は、炭水化物の摂取量と摂取タイミングの調整です。この二つを主軸にしてカロリーコントロールをすることが、低カロリーダイエットを成功させるための重要なポイントになります。

炭水化物の摂取量

低カロリーダイエットで重要なのが炭水化物の摂取量です。その量は、具体的には毎食時の摂取カロリーの60%です。

「具体的な数字じゃないじゃないか!」と怒られそうですが、これが低カロリーダイエットの極意なのです。

もし一食の摂取カロリーが600kcalの人なら、その60%である360kcalは炭水化物で摂取するということです。


炭水化物の摂取タイミング

摂取タイミングは一日三食キチンと食べることと、一番最初に食べるものは汁物にすることです。

一日三食食べることの必要性は、脳の生体機能維持を刺激しないようにするためです。

脳のメカニズムは「緊急事態!」になると、エネルギーを蓄える体質に変化することはすでに説明しています。もし一日二食で済ませるような生活をしているとしたら、脳はエネルギー不足の危険を常に感じているのですから、体質的にも太りやすい体質になってしまいます。

一番最初に汁物を食べる必要性は、胃を落ち着かせることと栄養分の吸収を穏やかにするためです。栄養分の吸収を穏やかにすることで、体内の血糖の上昇を緩やかにし、体内の血糖値を下げない状態を長く保つことができるのです



ちなみに甘いお菓子やアイスなども同じ糖質ですが、これらの食べ物は体内に急激に吸収されるため、血糖値の上がり下がりが激しくなります。体内の血糖値が急激に上がると、脳は「大量にエネルギーが摂取されている。」と考え、エネルギーの貯蓄と血糖値の調整を始めます。

インスリンという物質が関係するのですが、急激に血糖値を上げてしまうと、体内に大量のインスリンが発生してしまいます。

この大量に発生したインスリンは、必要以上に糖をエネルギーに蓄え急激に血糖値を下げてしまいます。

ですので、炭水化物(=糖質)を摂取するときは、摂取タイミングとインスリンについても考えるようにしましょう。

脳のエネルギー管理は体内の糖の量によって決められています。体内に糖が多くあれば空腹な状態ではなく、体内の糖が不足すれば栄養摂取を求める指令を出します。お腹が鳴るのは体内の糖が不足するからと言われています。

体内の糖の量が不足するという状態が何回も連続で起こると、脳は「緊急事態!!」と判断し太りやすい体質に変化させていきます。


低カロリーダイエットのまとめ

■一日に必要なカロリー量を上回らないようにする
■一日三食食べる
■一食の炭水化物量は60%を切らないようにする
■炭水化物の食べ物よりも先に汁物を食べる

低カロリーダイエットを成功させたいのであるのなら、低カロリーダイエットのポイントである『炭水化物の量は60%』という黄金率を守りましょう!

なお、健康を損なうことなくダイエットをすることができる最低ラインは、一回400kcalの食事量です。これを下回らないように注意しつつ、一日に必要なカロリー量を超えないように注意しましょう。


このページの先頭へ