カロリー制限によるダイエットの真実

ダイエットをするためには低カロリー食を食べるということは常識です。
ですが、低カロリー食を食べればダイエットの成功に結びつくというのは誤りです。

例えば、一日の必要カロリー量が2000kcalの女性Aさんがいたとしましょう。

世間一般のダイエットの常識で考えると、Aさんが一日に1600kcalしか食べなかったとしたら400kcalが不足します。

この不足分はAさんが元々体内に溜め込んでいたエネルギー(つまり体脂肪)を利用することで補います。

体脂肪1kgあたりのエネルギー量は約7,200kcalですので、55gの体脂肪が減少することになります。

この食生活を2ヶ月続けると、400kcal×60日=24,000kcalですので、約3.3kgの体脂肪が減ります。

ということは、Aさんの元の体重が55kgであったのなら、二ヵ月後には理論上は51,7kgになります。



では、もしAさんがこのダイエット方法を一年間続けたとしたら、体重はいくら減少するかというと、計算上は400kcal×365日=146,000kcal、つまり体脂肪が約20.3kg減少します。

体重は55kg⇒34.7kgです。

でも本当に一日400kcal減らしただけでここまで痩せるものなのでしょうか?

ちなみにご飯一膳分(150g)で約250kcalです。一日三食ごはんを食べたのなら750kcalです。

でしたらごはん半膳分(75g)で約125kcalですので、一日三食ごはんを食べたのなら375kcalです。この食事内容でおかずをホンのわずかばかり減らせば、一日の摂取カロリー量から400kcal減らせます。

もし現在のダイエットの常識だけで体脂肪を減らせるのであれば、おそらく世の中のほとんどの方はダイエットを成功させることができるはず。

だって、二ヶ月で3.3kgの体重減、一ヶ月でも約1.7kg体重が減るのですから。

ですが、世の中にはダイエットを繰り返し頑張ってらっしゃる方がたくさんいます。



理論上は正しいとされている現在のダイエット方法を実行しているのに、ダイエットを失敗されている方がいるということは、今現在のダイエットの常識が間違っているということになります。

つまり、摂取するカロリー量が消費するカロリー量よりも低ければダイエットは成功するということが間違っているといえるのです。

では、今のダイエットの常識すべてが間違っているのかというと、そういうわけではありません。

”ある要素”を認識せずに低カロリー=正しいダイエットとして理解しているからダイエットが成功しないだけなんです。

正しいダイエット方法をわかりやすく紹介したのがNHKの試してガッテンで、そのダイエットというのが低カロリーダイエットです

放送内容だけでもある程度は理解できるのですが、ここではもう少し詳しく紹介していきます。


このページの先頭へ